忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/19 07:15 】 |
ヨーロッパの株は低い0.7%を収めます 4連陽を終えます
ヨーロッパの株が木曜日に小幅に収めるのが低くて、4連陽を終えました。スペインとフランスの国債のオークションの結果はうれしくも悲しくもあって、データはユーロ圏の制造業のイベント萎縮を明らかに示して4ヶ月連続して、投資家の自信は抑圧されます。
  Stokeの汎ヨーロッパの600指数は0.7%下落して、238.49時受信します。
  この指数は11月に累積は1.4%下落して、最後は1つの取引日に全世界中央銀行の協力で市を救う刺激のもとで3.6%急騰しますけれども。
  木曜日、ドイツDAX30指数は0.9%下落して、6035.88時受信します。製薬する巨頭のバウアー(BayerAG)は2.9%下落して、コメルツ銀行は2.5%下落します。
  フランスCAC40指数は0.8%下落して、3129.95時受信して、主に金融株に足手まといになられます。農業貸付け銀行の株価は3.8%下落して、フランスは3.2%下落します。
  自動車メーカーのルノーの株価は0.2%下落して、徹底的に較早時因モルガン・スタンレーを喪失してそれを引き上げて等級を決めます獲得する上昇の幅。
  市場は再度ヨーロッパの国債のオークションにピントを合わせます。スペインはみごとに37.5億ユーロの(約50億ドル)の国債をオークションして、しかし利回りは上昇します;フランスのオークションの10年期の国債の利回りは下がります。
  アナリスト達はまた気づいて、ドイツの1年期の国債の利回りは初めて下落してマイナスの値になって、アナリストは、債務の危機とヨーロッパ中央銀行の政策はドイツの短期の国債の超過の需要に対して誘発しましたと語っています。
  同時に、ユーロ圏は11月に制造業がマネージャーの指数を仕入れるのは結局は10月の47.1から46.4まで下がることに値して、2009年7月来の最低水準のため、第4ヶ月連続して萎縮。
  フランスの大統領のサルコジは木曜日の末頃に債務の危機について一回の演説を発表します。投資家は12月9日開催するEUのトップ会議に関心を持って、今回の会議が危機の適切なソリューションを取り出すことができることを望みます。
  ヨーロッパの中央銀行頭取のドイツは、ヨーロッパは新しい“財政の協定”を必要として、欧央行は主権の債券市場の困難のため銀行業の直面する“苦しい立場を続ける”を意識したと引き延ばして良い木曜日に表しています。
  イギリスは富む時100指数は0.3%下落して、5489.34時受信します。銀行の株は全線下落して、ロイドの銀行グループ(LYG)は3.3%下落して、バークレイ銀行(BCS)は1.7%下落します。
  通信事業者のボーダフォングループ(VOD)の株価は0.6%上昇して、この会社がヨーロッパITと通信グループBluefishCommunicationsを買い付けると語っているニュースがあります。贅沢品グループバーバリーが続いた上に取引日の力強い騰勢、3%大引けになって膨張します。
  建築材料小売商翠峰グループ(Kingfisher)の株価は2.2%膨張します。この会社は第三四半期に総括的な売上高は4.6%増加して、売上高に比べて1.3%増加することができます。このグループの1位の高官は、青緑色の峰の現在の状態は良好で、大部分の市場の短期の将来性の“依然として挑戦的です”ですけれどもと表しています。
  スイスSMI指数の市況の流れに相反するは上昇して、上げ幅の0.5%、5681.57時受信します。製薬する巨頭の承諾する華(NVS)は1.2%上昇して、ルーマニア氏の持株は1.6%膨張します。(
PR
【2011/12/15 16:41 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<プラダグループ所属のブランドResort2012は最新で す  | ホーム | Milllaisの真珠や宝石の体験店>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>