忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/19 07:15 】 |
富む挑戦の中国の任務
  今なお、畢少朴が依然としてはっきりしていて2005年ちょうど中国に着く1日目を覚えていて、“中東の過去の7年中で、こんなに大きい困難に出会っていません”。これらの困難は言語の交流、考えの方法、作業の方法を含んで、甚だしきに至っては国家の運営方式。地面につく中国の最初の24時間中で、彼は1度梱包して去る考えがもあていことがある、しかしとても速くそれなのに発見は毎日絶えず持ってくる楽しみを学んで、楽観的な人生の信条の支持のもとで、畢少朴は中国に残して、その上また約7年なことを待ちますと。   畢少朴の最初勤める3年内、ポルシェの中国地区での販売高は2004年の386台から迅速に2007年の4179台まで(へ)増加します。2007年前に、捷成はポルシェの総販売店にして、それは中国地区でほとんど市場占有率が100パーセントの販売店まで(へ)占めるのです。2008年、ポルシェは輸入の権収回です、捷成の変身はポルシェのある中国の最大の販売店の中の一つになって、そして依然としてポルシェの製品販売の方面で疑う余地がない地位を維持しています:北京、上海、広州、深セン、杭州、香港、マカオは共に7社のポルシェセンターを設立します;2010年に捷成の販売量はポルシェの大きい中華区さんの販売量の1/3まで(へ)占めます;2011年に捷成の伸び幅は依然として25%~30%で維持します。   もしかするとポルシェの今日のブランドの地位で見て、畢少朴連れる捷成はこのように業績のただ時機が熟すれば事は自然に成就する事を得ることができて、事実決してこのようにではない。2005年に初めて上海に着いて、畢少朴は一つの市場調査にした(作った)ことがあていことがある、中国の消費者のポルシェに対する認識を調べることを望んで、結果は考えてみると分かります――ただ少しの人はこのブランドを知っています。そのためブランドのは創立してその時の最も重要な作業になって、広告を打つ、新型をおす、上海国際モーターショーに参加する、試みて異なる方面のマーケティングの方法を通じて(通って)中国人にポルシェのこのブランドを調べさせて、今なお、畢少朴は2005年の上海国際モーターショーの時のシーンに対して依然として今なお記憶に生々しいです:“その時私達の展示台は上から下まで2層で、上は6台の車を並べて、私は2階の展示台の上に立って下へ見て、多くの人は囲んで展示台の以外にこれらの車を見ます。私はその時これが私達のする事だと感じました:私達の潜在する取引先を私達の車まで(へ)接触することができる機会があります。”これらの方法は市場の効果を次第にはっきりと現れさせて、そして畢少朴に向って予想した方向の発展。“このような方法を通して、私達は人々の心の中で次の夢の種を埋めて、人々にポルシェの欲求を買いたいことが始めるとすぐにあることができます。”
PR
【2011/12/07 16:36 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<公の鉄の競争の日に日に激烈な道 | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム |