忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/17 09:05 】 |
公の鉄の競争の日に日に激烈な道
路の旅客輸送の事故はしきりに出して、多くのかつての道路の旅客輸送、旅行の“黄金のライン”もう“黄金”でない、ハイエンドの客車を使うことを招く旅客輸送の企業は乗客が量的変化が、コストプレッシャーの増大する苦しい立場が少ないことを数えることに直面します。もとは利潤の情況のわりに良い旅行するライン、車の需要を使ってもハイエンドのから中級品に転換します。 ハイエンドの市場は中級品の市場がなえて強大になります 魏国琪は表しています:“私達の会社の中級品の車のモデルの販売量は恐らく50%~60%占めて、主に旅行と旅客輸送の企業を供給するのです。ハイエンドの車の販売量は恐らくただ5%~10%だけ占めて、以前は効果と利益が十分な旅行するラインを経営して多くのハイエンドの車を消化しました。今旅行する旅客輸送は収入の下落とコストの増加の制限を受けて、ハイエンドの客車の需要量に対してある程度下がります。”彼はまた言及して、今の中級品とハイエンドの車のモデルの外観の違いはすでに大きくなくて、主要な異なるのはエンジンと車台に存在します。これは乗客の関心と理解のではありません。 現在の客車の市場の製品構造の中で、中級品の車のモデルは最大ですに比べて占めて、ハイエンドの車の分け前はわりに低いです。“ハイエンド車所は割合を占めて10%を上回らないで、その上ハイエンドの市場の容量は有限で、需要が増加するのは緩慢で、生産販売量も比較的に安定させます。”劉マネージャーは言います。 彭鋒の紹介によると、国内の客車のハイエンドは溶けてその前の数年間にある時迅速に発展します。国外の製品を導入するを除いて、国内の多くの客車の企業も各種の方法を通じて(通って)ハイエンドの車のモデルを出しました。でも、一定の時間を通る発展、特に2008年の金融危機の(以)後で、客車の業界の発展は理性に傾きます。企業は再び眼光を市場に帰って占有してもっと大きい中級品の市場を量ることに回転します。
PR
【2011/12/08 12:32 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<クリスマス | ホーム | 富む挑戦の中国の任務>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>